お役立ちコラム

現場代理人がスタッフに仕事を任せる目的とポイント

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

自分で何でもやってしまう病からの脱却

ある程度(中規模)以上の現場では、現場代理人がいてその下に入社2~3年目の若手社員と外注の派遣社員2名程度が配属させる人員配置が多いのではないでしょうか。
この場合、現場代理人としては、ナンバー2の社員は5年目以上の経験がある人を会社に要望したいところでしょう。しかし会社としても、現場の数をこなすことを考えると5年生くらいの経験であれば、小さい現場を一人で任せたいところです。
バリバリと、今まで一人でいくつもの現場を掛け持ちでこなし竣工させてきた現場代理人が、部下を複数持っても身体に染みついた何でも自分でやってしまう病が頭をもたげ、動き回ってしまうという傾向が少なからずあるようです。特に建築業界の現場では多いですね。これはその代理人が、「部下が経験不足だからしょうがない」という理由でやむを得ずそうしているということは理解できます。
しかし、いつでもいい部下(経験がありデキる部下)が下に就くとは限らないのが現実です。そこで、自身が満足いかない人員配置で、いかに部下に任せて成果をあげるかについてお話したいと思います。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

何のためにわざわざ部下に仕事を任せるのか?

現場で部下に仕事を任せるとは、何の目的があるのでしょうか。多くの人が「自分の仕事を部下に分担し、自分の負担を軽くし本来の現場代理人の仕事をするため」という答えを出すのだと思います。確かに一面はその通りです。しかし、最も大事なことがあります。それは、「部下を育成するため」ということです。「現場が死ぬほど忙しいのに育成している暇なんかない」というのが大方のご意見でしょう。実は、死ぬほど忙しくならないようにするためにも、育成することは重要なポイントです。

仕事を任せるとは「自由」と「責任」をセットにする

ここで、仕事を任せるということについて考えてみたいと思います。部下に仕事を任せるとき、一から十まで詳細に指示を出し、それについてすべてをチェックし進捗を確認したり、途中で部下がつまずいたとき代理人がその仕事を変わりにやることは「任せる」とは言いません。「任せる」とは、部下に自分で考えさせ、与えた仕事を最後までやり切るまで
見守るということです。自分で考えて「自由」に仕事をする一方、失敗しても、つまずいても最後までやり切るという「責任」をセットで与えることが仕事を任せるということです。
例えば、部下が配管の墨出し位置を間違えて出してしまった。配管が完了した後に気がつき手直しが必要になった。このとき、代理人が配管屋さんに「俺が誤っておくから、直させておけ」と言ったら、部下は何も責任を感じず、成長もありませんね。
では、どうするか。
「墨出しを間違えたのは、何が原因だと思う?」「そういうことだったんだね」「次からはどうすればいいだろうね?」「配管屋さんには自分から理由を話して、直してもらうようにお願いしてみよう」という具合です。これであれば、失敗の原因を自覚し、対策を自分で考え、責任を取ったことで成長を促せます。

まとめ

現場の責任者である現場代理人の仕事で最も重要な仕事は何でしょうか。現場のスタッフに的確に仕事を分担し、それらが適正に進捗しているかの確認をし、工程が遅滞なく進捗しているかを常に管理し、施工の品質が保たれているか、現場が安全か、会社、建築、設計事務所、施主との関係を良好に保っているかなどなど、仕事は山ほどあります。その中で最も重要な仕事。それは、スタッフを「育てる」ということです。これが軽視されてきているから、前記の他の仕事も完全ではなくなってしまうのだと思います。現場での最小単位である事務所内のスタッフとの信頼関係を構築することがまず、現場代理人が心すべきことなのです。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

1級管工事施工管理技士試験合格への道のり

2021年2月21日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
合格率が低い我が社の若手社員 最近、クライアントのサブコンさんの工事部長さんや工事課長さんとお話をするとき、 よく話題に出るのが、「1管が受からなくて困っている」というお話です …