お役立ちコラム

1級管工事施工管理技術検定に合格するための3つのポイント

令和4年度の1級管工事施工管理技術検定の第一次検定が9月4日(日)、第二次検定が12月4日(日)に予定されています。合格発表日は第一次が10月6日(木)、第二次が
令和5年3月1日(水)です。
1級管工事施工管理技士の資格は管工事を仕事にしている者にとっては必須の資格であり、
資格の有無によって施工管理できる工事の範囲も違ってきます。これから現場代理人になる若い技術者の方はなるべく早い段階で取得しておくことをおすすめします。
しかし、現場が忙しく勉強する時間がない、短期間とはいえ勉強するモチベーションが上がらないという理由で受験を先延ばしにして、なかなか資格取得できていないという方も
多いと思います。
そこで、この記事では1級管工事施工管理技術検定に合格するための3つのポイントを上げ、一人でも多くの方が資格取得するヒントになればうれしいです。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

検定日までの勉強の計画を立てる

現場に配属の方は現場の工程によって、その年の受験に対する気持ちの乗り方が違ってくるというのは否めないことかと思います。第一次検定の試験日が毎年9月の第一日曜日なので、その時期に現場の竣工が重なると勉強どころではないというのが実情でしょう。
しかし、たとえそのような現場の工程でも、少なくとも半年前にはそれが分かっているはずです。受験前半年間ずっと竣工前の忙しさが続くということはないでしょう。
ここで第1のポイントはその年の早い段階(5月頃)で、受験勉強のスケジュールを立てどういう手順で勉強するかを計画するということです。
例えば、9月初旬が竣工だとしたら、8月のお盆から以降はほとんど勉強時間が取れないと仮定し、6月、7月あるいは4月、5月の2か月間で集中して勉強するというように、長いスパンでスケジュールを立てます。
また、手順としては学科試験の科目ごとに時間を振り分け、この週は空調、この週は衛生、来月は施工管理と法規など現場の工程表と同様に自分の勉強工程表に落とし込んでいくと、全体像が可視化できその日その日のやるべきことがはっきりします。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

モチベーションを意識せず、習慣化する

第2のポイントはモチベーションに頼らないということです。人はどうしてもやる気が出るときとでないときがあるのは仕方がないことです。つまりモチベーションを気にしないで勉強する習慣を作る努力をしましょう。どのように習慣を作るか。
それは、毎日勉強する時間帯と時間、場所(環境)を決め、それを徐々にできる範囲で始めてみてください。例えば、最初のうちは毎朝トイレで1問だけ過去問を解く、ということでもいいのです。これを習慣にできれば、少しずつ時間を増やし、問題の数を5問に増やすようにしていきます。慣れた頃には現場の帰りのファミレスで毎日30分間でも過去問を解く習慣ができれば、十分な勉強時間が確保できます。あなた自身が集中できる時間帯と場所を見つけてください。これが少しでも習慣になれば、「あれ?自分もけっこうやればできるな」と、自己肯定感ができ仕事自体にもいい影響が出てくるかも知れません。

ひたすら過去問を解く

第3のポイントは過去問題をひたすら解く、ということです。テキストを長々と読むというのは、受験勉強としてはおすすめできません。資格試験の受験勉強の目的は、資格を取得することが目的なので、はっきり言って管工事の理論やシステム、技術的な深い部分までの理解はこの時点では浅くてよしと考えましょう。これらのことに時間をかけていたら、
点数をとることができなくなってしまいます。過去問を解きながら、分からない部分を理解するために、テキストを読み返すということにとどめましょう。解く過去問の数をいかに増やすかを意識しましょう。数多く過去問を解くことで、その設問が次第に自分の身体の中に溶け込んでいき、正解を導き出す回路が脳の中で出来上がっていきます。この感覚がつかめたらしめたものです。

まとめ

現場がいつも忙しくて、勉強をする時間がない、仕事で疲れてとても勉強どころではない。1級管工事に限らず資格試験の受験に際して、このような声を多く聞きます。私自身も現場をやりながら受験していた身として、その気持ちはとてもよく分かります。働く社会人が忙しい中でいかに効率的に勉強できるか、短時間で合格するためにどうすればいいか、を考えてきました。この記事が少しでも資格取得の参考になれば幸いです。
あなたの合格をお祈りして。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

施工管理サポート事務という仕事

2021年2月20日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
施工管理の仕事は残業が無くならないのか? 現場の施工管理の仕事。世間では、「きつい」「きたない」「危険」の3Kの代名詞の職業として認知されていますが、それにも増して残業が多いとい …
お役立ちコラム

建設業、サブコンの離職防止に社員アンケートの意見を活用する方法

2024年5月24日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
建設業、サブコンでは、慢性的な人材不足が続いています。人材不足が引き起こす問題としては、既存社員の負担増加、業務効率の低下、ノウハウの蓄積不 …