お役立ちコラム

建設業界の離職率は高いのか?低いのか?

離職率が高いランキングを見てみよう

平成30年度の厚生労働省が発表した、離職率の高い業種別ランキングを見てみましょう。

ワースト1位:宿泊業、飲食サービス業【26.9%】

ワースト2位:生活関連サービス業【23.9%】

ワースト3位:サービス業(他に分類されないもの)【19.9%】

ワースト4位:教育、学習支援業【16.6%】

ワースト5位:医療、福祉【15.5%】

という順位になっています。
「あれ?建設業は?上位に入っていない!」不思議に思われた方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。そうです。そう感じたあなたは、建設業界の方ですね?
このデータは本当なのだろうか?と疑いましたが、ちなみに、建設業は全主要産業16分類の中で2番目に低い離職率なんです。9.2%です。
ちなみに一番離職率が低い業種は鉱業、採石業、砂利採取業だそうです。
また、水道、ガス、電気などのインフラ業は10.7%と建設業より高いですね。

イメージより離職率が低い建設業

このデータだけで単純に判断するのは難しいですが、以外にも建設業は他業種より離職率が低いということが分かりました。といっても他業種と比べての話なので、実態として辞める人が少ないということではありません。
私の周りのクライアントのサブコンの工事部長さんによく話をお聞きするのですが、この3月で、若いのも40代の課長クラスもどんどん辞めてるよと。「どんどん」というのもどうやら大げさではないようです。

どの業界でも、辞めたくなる嫌なところというのはあると思います。今は入社して3年で
会社を辞める若い人の割合が3割いるというデータもあります。それは、業種がどうのというより、今の時代の世相や若い人の考え方にも左右されるのでしょう。
とかく、人は自分がいる業界しか知らない場合が多いので、つい他業種がよく見え、転職を考えてしまうということもあるでしょう。
どの業種にもよいところ、嫌なところはあるでしょうが、建設業を分析してみましょう。

建設業の嫌なところ

1.きつい、きたない、危険の3K
2.遅くまで残業させられる
3.土日も休めないときがある(土曜日は必ず休めない)
4.夜間作業があり、昼夜が逆転する
5.拘束される時間に比して、給料が安い
6.結婚できない

建設業のよいところ

1.直接お財布を持ったお客さんに接することがない(技術職)
2.現場での裁量にゆだねられる
3.社内の軋轢に惑わされない
4.現場内では時間的な自由がある

と、こんな具合でしょうか。この嫌なところ、よいところをどう受け止めるかは、建設業に携わる人の考え方ひとつだと思います。どの業種でも嫌なところは山とあるでしょうし、
経験してみないと分かりません。13歳のハローワークじゃないけど、すべての職業が体験できれば、自分に合った職業が分かるかも知れません。でも、ある程度この道かなと思って
入った建設業ではないかと思うのです。

まとめ

我々が今いる建設業。数多くある業種の中でも、もしかすると面白くてやりがいがある仕事かも知れません。もう20年もこの世界にいるよというベテランの現場代理人の方も若手社員の方も、やはり建物が出来上がって、電気が就き、空調が効き、水が出たときの喜びは誰しも嬉しいと思います。
その気持ちを大事にして、今日も一日ご安全に!

現場施工管理の離職率を下げる3つの施策建設業(施工管理)の離職率の現状 厚生労働省が毎年、新規学卒就職者の離職状況を公表しています。令和2年度における離職率は例年に比べ低下...
ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

建築設備 新入社員研修 社会人としての心構え3つのポイント

2021年8月7日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
私が新入社員研修で行っている重要なことの1つに「社会人としての心構え」があります。 社会人としての心構えとは、上司から言われたことだけをやる …
お役立ちコラム

工事現場での自分自身の時間管理はマイ工程表で

2020年3月11日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
現場の所長さんの忙しさは半端ない サブコンの現場事務所の所長さんは、言わずもがな超多忙なスケジュールで日々過ごしていることと思います。朝のラジオ体操から始まり、朝礼の参加、KYミ …
お役立ちコラム

 建築関連 本の紹介 「建設DX」

2021年12月31日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
「アナログ産業」の代表格とされてきた建設産業がDX(デジタルトランスフォーメーション)にいかに取り組むかを豊富な事例集で紹介した本 「建設DX」木村駿 著 前回ご紹介した「 …