お役立ちコラム

アート思考で現場管理を考える

6月号の東商新聞に、ちょっと気になるコラムが掲載されていた。
「これからを生きる大人のためのアート思考」と題し、新連載の第1回のタイトルが
「4歳の男の子に見えていたものとは?」。

著者は美大出身の中学、高校の美術教師で自身もアーティストとして活躍している。
一枚の絵が提示され、次の絵を鑑賞してみてくださいと問いかける。
その絵がクロード・モネの「睡蓮」だ。
そして、この絵に何秒間ぐらい目を向けていたか?と。
私の場合は、ほんの数秒だった。そして、本文の文章を読み進めていた。

著者が美大生のころ美術館に行くことも多かったというが、いつも作品にほんの数秒目をやると、すかさず添えられた説明書きを読んで、納得したような気になっていたという。
だいたい素人の私たちも、そのようにさらっと絵を見ては作品情報との確認作業をしていることが多いと思う。

「かえるがいる」
岡山県にある大原美術館で、4歳の男の子がモネの「睡蓮」を指差して、こんな言葉を発したという。
実は、この睡蓮の絵の中にはどこを探しても「かえる」はいない。
その場にいた学芸員は、「えっ、どこにいるの?」と聞き返したところ、
男の子はこう答えた。
「水にもぐっている」

男の子はこの絵を見て、絵には見えない「かえる」を心の中で見て、映像として頭の中で描いたのだろう。彼独自の鑑賞の答えを、何の解説にもたよらず導き出した。

現場管理をするうえでも、部下を教育することでも、仕事をすることすべてに関して、この男の子の「自分だけの視点」はとても重要なことを教えてくれる。
今までこのやり方で施工してきたから、会社の方針がこうだから、現場のルールはこうなっているから、周りがみんなこうしているから、ということを日常の判断基準備にいている私たち。
自分なりの視点を持ち、「自分だったらこうしたい」「こういう方法もあっていいんじゃないか」という柔軟な発想を常日頃から意識することで、新しい価値を生み出すきっかけに
なるといいと思う。
顔も知らないあの4歳の男の子のキラキラした目を想像しながら。

 

管理職の若手社員教育の負担を軽減する

「現場力サポート 24」

人材開発支援助成金が活用できます

 

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

アイソメ図の書き方研修

2023年4月18日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
建築設備の新入社員や若手社員に施工図の書き方を教える場合、まずその本人が3次元空間のイメージがつかめているかがポイントになってきます。例えば、ちょっとした配管平面図があり、それを見 …
お役立ちコラム

施工管理 中堅社員教育で重要な3つの視点

2022年1月16日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
若手の現場施工管理の社員が3年持たずに辞めてしまう。新人研修をして、現場配属したが現場に馴染めず、長続きしない。このように、施工管理社員の離職にお悩みの管理職の方は多いのではないで …