お役立ちコラム

今さら聞けない ロスナイの仕組み

現場で部下の新入社員に、機械や材料の構造や仕組みについて聞かれたとき、つい言葉に詰まってしまい、明確な回答ができなかったことってありませんか?例えば、エアコンやロスナイ(全熱交換器)などは結構、きちんと説明するのは難しいかもしれません。
この記事では、ロスナイの中身がどのような構造になっていて、熱交換する仕組みを図解入りでご説明します。
最初にお断りしておきますが、「ロスナイ」は三菱電機の商品名で、全熱交換器のことです。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

ロスナイ(全熱交換器)の定義

全熱交換器は、ビル、住宅等の空調換気に使用され、換気によって失われる空調エネルギーの全熱(顕熱=温度と潜熱=湿度)を交換回収する省エネルギー装置である。
省エネルギーを目的として住宅などの気密性、断熱性が向上した。その一方、換気不足によるシックハウス症候群(シックビル症候群)の発生対策として、2003年改正の建築基準法により、常時換気設備の設置が義務付けられた。 この換気に対して、全熱交換器を使用することで、ビルや住宅の空気質IAQ(Indoor Air Quality)確保と、省エネルギー性の両立を図ることができる。 2000年7月に日本工業規格JISB8628全熱交換器(小型、中型)が制定され、2003年3月の改正で定格風量2000m3/h以上の大型全熱交換器の規格が追加された。       Wikipedia より

ロスナイエレメントの構造

ロスナイの外から見た形状から、箱の中にファンが入っていて外気を取り入れ、部屋に給気し、部屋からの汚れた空気を外に吐き出す、ということは現場での経験を積んだ方ならどなたでもお分かりかと思います。
しかし、ロスナイの中のエレメントがどういう構造になっていて熱交換するのか、ということまでは深く理解できていなかったという方は多いのではないでしょうか。
図-1をご覧ください。

三菱電機HPより
                                 

この図のように、ロスナイエレメントは平らな仕切板と波型の間隔板が何層にも重なった構造になっています。この間隔板の波型のすき間が直角方向に配置され、外気と部屋内の空気が直交することで熱交換される仕組みになっています。また、図-2にあるように仕切板と間隔板により給気と排気が混ざり合わない工夫がなされています。

三菱電機HPより
                                 

特に電気を使っているという訳ではなく、いたってシンプルな構造ですね。
ロスナイを使用すれば、夏季ですと外気35℃の場合、部屋内への給気温度が28℃(室温27℃)、冬季では、外気0℃の場合、部屋内への給気温度が15℃(室温23℃)というように新鮮な外気を外気温から室温に近づけた状態で、給気できます。

【サブコン社長・経営幹部の方へ】
»『人材育成・サブコン経営のヒント』コラム一覧はこちら«

機械や材料の構造を知ることで部下育成の機会を作る

ロスナイなどは構造がシンプルであることから、注意して確認すれば「ああ、なるほど」
とすぐに理解できます。施工管理する人は概ね、機械や材料の構造や仕組みは理解して
いなくてもそれらを組み合わせて接続すれば工事が進んでしまうため、一つひとつの材料
の中身までは詳しく知ろうとしないものです。
ところが、経験の浅い若手社員に突然、「この材料ってどうしてこうなっているんですか?と質問されると答えに困ってしまうこともたまにはあるのでないでしょうか。そのようなとき自信を持って答えられるように、日頃から興味を持って調べておけば上司として威厳も保てますし、何より分からないことばかりの若手社員の育成のためにもなります。
部下育成のコミュニケーションの機会を作るためと考えてみてはいかがでしょう。

まとめ

今回の記事では、今さら聞けないロスナイの仕組みについてお話しました。ロスナイの外観は飽きるほど見ているけれど中身はあまり見たことがない、エレメントも波型であることは知っているが、その形がどういう意味を持っているかまで知らない、という方のためにロスナイの構造についてご説明しました。
参考になりましたら幸いです。

 

管理職の若手社員教育の負担を軽減する

「現場力サポート 24」

人材開発支援助成金が活用できます

 

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
関連する記事
お役立ちコラム

設備事故・トラブル対策は航空機事故から学ぼう

2022年7月8日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
あなたの会社では設備事故やトラブルが繰り返し発生し、客先へ迷惑をかけたことで工事部長や役員の方が頭を下げに行かなくてはならないという状況が多発しているということはありませんか。この …
お役立ちコラム

ダクト施工図納め方 Rebro編

2023年4月14日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
私がお手伝いさせていただいている、クライアントのサブコンの担当者の方から、こんなお話をいただきました。 「入社5年経っているにも関わらず、まともに施工図が書けない社員が多くいて困 …
お役立ちコラム

「もしドラ」で学ぶ現場のマネジメント

2020年6月5日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
建築あるいは建築設備に関する本、現場での部下の教育や組織マネジメントに関する本などを紹介するコーナーです。 今日のブックレビューは、 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカ …