お役立ちコラム

建築現場でヒヤリハットを無くす3つの方法

建築現場での安全管理は重要な管理項目の一つ。というか、「安全はすべてに優先する」とどこの現場でもスローガンとして掲げられているように、現場で働くすべての人が安全で気持ちよく働けることがみんなの望みでもあるし、企業の使命でもあります。
常に危険と隣り合わせの現場作業。現場でのヒヤリハットを無くすには、日頃の作業員や監督職員の潜在意識に働きかける必要があります。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

建築現場の多くの事故はヒューマンエラー

現場での事故の多くはヒューマンエラーから発生すると言われています。私が長年の現場経験で遭遇した事故は、多くは人が引き起こした「うっかりミス」や廻りの状況をよく確認しないで起きた「判断ミス」が多かったと思います。
私自身、現場でヒヤリハットを数多く経験しました。そういう「おっと、危ない」と感じたことを思い返すと、自分の心の不安定な状態や集中力の欠如からくる内容がほとんどでした。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

ヒヤリハットを無くすにはどうすればいいか

無理をしない勇気を持つ

つい、このくらいなら大丈夫だろうと、危険を承知で無理な行動を取ってしまうという心理は、少なからず人間にはあります。「誰も見ていないから、いいや」という気持ちで、やってしまう。仕事を早く終わらせようという焦りから手順を飛ばしてしまうなど。
これは、現場作業だけでなく、職員の現場管理業務においても同様のことが言えますね。
「工程の途中で、この内容のチェックを面倒だから端折ってしまう」というようなことをすると、後々、大きな問題に発展することがあります。無理をせず、基本の手順通りに作業する勇気を持つことが重要です。
 

危険予知能力を磨こう

とかく新人の頃は経験が浅いため、こういうことをするとどういう危険があるのか、問題が起こるのかということが理解できない場合が多いですね。痛い目に会って初めて危ないことだと分かるというのは、子供までの話。就職して現場に出て、初日でケガをするという職人さんや若い監督さんが少なからずいるのは、親方や現場の先輩の教育が徹底されていなかった場合もあると思います。
経験の浅い人には、なかなかイメージすることは難しいと思いますが、安全教育ビデオがYouTubeなどで無料配信されているので、それらを活用して危険予知能力を磨く訓練をすることも必要です。

指差し呼称で安全意識を習慣づける

安全意識を潜在意識にまで刷り込むことが重要と言いましたが、それではどうすれば効果的でしょうか。それは、「指差し呼称」で声に出して自分自身に注意喚起すること。
ポイントは危険がある場面場面で、具体的な言葉を発するということです。朝礼のときだけ、指差し呼称してもあまり意味がありません。
例えば「段差つまずき注意」「開口部転落注意」など具体的に注意喚起を言葉にすれば、
より一層、意識がその一点に集中され、それを繰り返すことで潜在意識に落とし込まれるのです。指差し呼称を現場の全員に習慣化させることが、安全管理のキモであることをお忘れなく。

まとめ

「ハインリッヒの法則」はみなさんもお聞きになったことがあるかと思います。1件の重大な災害の裏には、29件の軽微なミスや災害があり、そし300件のヒヤリハットがある、という法則です。
毎日の現場での作業において、一人ひとりがどれだけ数多くのヒヤリハットを経験し、危険を感じ「アッ、やばい」とつぶやいていることでしょう。1つの重大災害を起こさないために、ヒヤリハットの数を最小限に抑える工夫を考えましょう。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

出張ばかりだった現場監督サラリーマン時代

2020年6月12日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
中堅のサブコンで38年間現場に携わってきた。 一時期改修工事の管理職時代があった以外はほとんどが地方での大型役所工事の現場責任者として、作業服とともに仕事をしてきた。 とい …
お役立ちコラム

施工管理 中堅社員教育で重要な3つの視点

2022年1月16日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
若手の現場施工管理の社員が3年持たずに辞めてしまう。新人研修をして、現場配属したが現場に馴染めず、長続きしない。このように、施工管理社員の離職にお悩みの管理職の方は多いのではないで …