お役立ちコラム

新登場! 「現場力サポート 24」 建築設備現場人材レベルアップ支援

建設業2024年問題解決法を模索しているサブコン様の幹部社員の方へ、今回は働き方改革に伴う残業時間制限への取り組みや、そもそも人手不足を解消するために何をどうやったらいいのかということについてコラムを書いていますので、ご一読いただければと思います。

今、現場で起こっている諸問題は?

各現場で、今現在起こっている問題は、下記のようなことが考えられます。
・各現場の残業時間が一向に減らない
・人手不足に伴う、現場社員の負担が増えている
・管理職の若手社員教育の負担が増えている
・課長がプレーイングマネージャーのため、部下の面倒が見られない
・組織を活性化し、現場ごとの粗利をアップさせたい
などが挙げられます。

入社直後に転職サービスに登録した新社会人が過去最多を記録した、という記事を目にします。転職することに抵抗が無く、当たり前のこととして捉えている若い社員たちに対して、いかに働く条件を改善し、離職を引き留めることができるかを真剣に考える時期が来ています。

「現場力サポート 24」で問題を解決

建設業2024年問題で働き方改革が必須の建設業界において、会社としてまず取り組む内容として、組織全体の仕組みの中での活性化です。その中核となるのがチームとしての現場、そして現場を取りまとめる工事部においての若手社員の教育体制です。
今回、ご紹介する「現場力サポート 24」はレベルアップによって若手社員の残業時間を減らし、更に管理職の若手教育の負担を軽減することで2024年問題を解決し、会社の明るい未来を描くお手伝いをするために生まれました。

「現場力サポート 24」のサービスから得られる3つのメリット

この現場での人材教育サポートのサービスで得られるメリットをご紹介します。

1.社員の定着率がアップします

弊社がお手伝いさせていただいているサブコン様では、以前から社員の離職率が高く困っているというご相談を受け、入社3~5年目の社員の方を対象にこの現場サポートを実施させていただきました。その結果2年間の間、離職率が20%から7%に減少しました。

2.管理職の若手人材育成の負担が軽減します

弊社の現場サポートを取り入れることで、各現場を取りまとめている管理職の方、あるいはプレーイングマネジャーの課長さんの管理する時間を大幅に軽減することができます。
例えば、スリーブ工事段階での比較的安定した時期は、弊社で計画書や施工図をチェックし管理職の方へ報告、また繁忙期の現場では管理職の方が出向く2回のうち1回は弊社で進捗を確認し、問題点があれば指摘と提案を管理職の方へご報告するという具合です。

あるいは、会社の進捗管理表のフォーマットがあれば、それに則って項目ごとにチェックし、問題なく現場が進んでいるかを確認することもできます。こうすることで、管理職の方の現場巡回や進捗管理業務の時間を短縮し、本来の管理職の方がやるべき工事部としての管理業務、会社の重要な方針決定のための課題策定のような仕事に専念できるようになります。

3.社員が元気になります

あるサブコン様からこのようなご相談を受けることがあります。入社5年目の社員が自分の抱えている仕事量に限界を感じて疲弊し、退職を示唆している。このような状況は、本人の能力以外の人手不足に伴うやむを得ない人員配置に起因することが考えられます。
この場合、弊社のサポートを活用することで、まず本人の気持ちを聴き、相談を受け止めることで組織としての解決策を導き出せるようにしていただきます。こうすることで時間はかかりますが、少しずつ社員の方が元気になっていくことが期待できます。

「現場力サポート 24」の概要

では、この「現場力サポート 24」のサービスは、実際どんなことをするのかということを箇条書きでご紹介します。
・サポートの回数、頻度は現場の状況に応じて、1回/週~1回/2週実施します
・現場の工程、進捗状況、個々の若手社員の業務内容を確認します
・社員の経験、能力に応じた現場での目標を設定します(社内の共有)
・サポート時に毎回、進捗状況を確認し、目標達成度を確認します
・上記目標以外に日常の問題や課題を聴き、主体的に問題解決方法を導き出すサポートをします (コーチング対話法による)
・コスト削減を考慮した施工方法をアドバイスします
・改修工事における設計の考え方を指導します
・工程表、施工図、施工計画書、施工要領図等のチェック、アドバイスをします
・社員自身の時間管理についてのアドバイスをします(残業時間をいかに減らすか)
・上司と三者で業務内容、進捗を共有し、チームとしての組織効率化を図ります
・サポート終了時に社内報告会を実施し、成長度合いを確認します

「現場力サポート 24」を導入した先の未来

「現場力サポート 24」を導入すると、会社がどのように変化していくでしょうか。
1.現場における残業時間が減り、若手社員の働くことへのモチベーションがアップします
2.管理職の方の若手社員教育の時間が削減でき、本来の管理職としての仕事に専念でき、
  組織の活性化を実現します
3.上記のことから、現場1件1件の効率化が実現し、1件ごとの粗利が向上し、会社全
体としての発展に寄与します

まとめ 

建設業2024年問題に伴う「働き方改革」が声高に世の中で叫ばれている中、当事者である我々建設業に身を置く者として、これからの建設業を担う若手社員の方の教育は、本腰を入れて取り組まなければならない喫緊の課題です。
ぜひ、この重要なタイミングで、弊社の「現場力サポート 24」をお試しになることで、
御社の明るい未来を創っていくお手伝いをさせていただきたいと思います。
お問い合わせは、下記までご連絡ください。

 

管理職の若手社員教育の負担を軽減する

「現場力サポート 24」

 

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

あなたの会社に施工管理でビズリーチに登録している社員がいることをご存知ですか? 

2022年10月1日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
マイナビ、リクナビ、ビズリーチ、indeedなど、求人転職サイトはたくさん存在し、これらが多数活況を呈しているのは、最近の世相をよく表してい …
お役立ちコラム

現場の生産性を上げる夕礼のすすめ

2021年2月25日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
現場の朝礼は儀式みたいなもの 建築現場の朝礼はラジオ体操から始まり、建築担当者のその日の主な作業内容の説明と、危険を伴う場所の確認、特別なイベント工事や搬入についての話。その後、 …
お役立ちコラム

工事原価管理書の粗利目標値に対しての取り組み方

2020年9月18日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
工事原価管理書は何のためにある? 工事原価管理書と聞いただけで、現場所長であるあなたや、小さくても一つの現場を任されお金を握っている主任さ …