お役立ちコラム

1級管工事施工管理技士試験制度が今年から変更になります

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

令和2年度までの試験

昨年令和2年度までの1級管工事施工管理技士の試験は「学科試験」を受験し合格すると「実地試験」を受験する権利が与えられ、実地試験に合格してやっと「施工管理技士」の資格が与えられるという形で実施されていました。
この試験形式は私が受験していた数十年前から同じだったことを考えると、昨今の建築業界における管工事技術者の役割や責任において見直しの時期が来ていることが伺えます。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

今年から試験名称が変更に

ところが、今年令和3年度の試験からは試験制度の見直しで形式が見直されました。改正
後は「第一次検定」と「第二次検定」に試験の名称が変わります。一次検定だけの合格でも「技士補」という称号が与えられます。

技士補って何?

「第一次検定」つまり、去年までの学科試験に合格すると与えられる「技士補」とは、どんなものなのでしょうか?
これまでは「監理技術者(1級施工管理技士)」は工事現場ごとに専任で配置しなければならないという決まりがあり、他の現場との兼任は認められていませんでした。
しかし、建設業法の改正で「技士補」が新設されたことで、例えば「主任技術者の資格を有するもの(2級施工管理技士など)と1級技士補(1級一次検定合格者)を同じ現場に
配置する」という条件で、監理技術者の「補佐」ができるようになります。
この補佐を配置することで、監理技術者は2つの現場を兼任することが可能になり、全国の建築現場の技術者としての人材不足を補うことが期待されています。

一次検定合格は無期限有効で何度でも二次検定受験可能

昨年までは学科試験が合格しても実地試験が不合格だった場合、学科試験が免除されるのは翌年までの2年間まででした。2年連続で実地試験に不合格になると、また学科試験から受験し直さなくてはならなかった訳で、ある意味ハードルが高かったとも言えます。
ところが、今年の新制度からは、一次検定に合格したら「技士補」の称号が与えられるばかりでなく、一次検定が無期限で免除され、毎年二次検定から受験できるようになります。
今まで学科試験には合格したけれど、実地試験になかなか合格しなかったという人には
朗報?かもしれませんね。

また、改正により2級二次検定合格者は実務経験問わず、すぐに1級一次試験検定を受験できるようになりました。今までの実務経験のシバリが無くなったことで、2級から1級へのステップアップ受験がスムーズになったということです。

今年の試験日程

令和3年度の1級管工事施工管理技士の受験日は
「第一次検定」:令和3年9月12日(日)
「第二次検定」:令和3年12月5日(日)
以上の日程となっています。

合格発表

「第一次検定」:令和3年10月14日(木)
「第二次検定」:令和4年3月2日(木)

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

建築現場で活用したい安全標識使い方3つの場合

2020年9月13日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
建築現場でよく見かける安全標識。朝礼広場に掲げられている安全スローガン、熱中症の注意喚起や産業廃棄物のゴミの仕分け方法の表示など、現場建屋の外側には多く見受けられますが、現場の内部 …