お役立ちコラム

建築現場の夢をよく見る

最近、よく現場の夢を見る。

昨日見た夢は、40代の頃東北に転勤になり、病院の新築工事の現場で一緒だった大手ゼネコンの所長が出てきた。その当時は濃紺の作業服を着ていた(だいたいどこの会社か分かってしまうかも)が、夢の中では、ベージュの作業服だった。
なぜか、ゼネコンの所長ではなく、サブコンの現場監督をしていた。だけど紛れもなく、東北訛りのあの所長だった。夢の中でも東北弁だった。

あるいはまた、デカい現場のサブコンのJV仮設事務所の机に座っており、自分が何の会社に所属して、どういうポジションで働いているのかは定かではない。以前いたサブコンの会社ではなさそうだ。どうやら、自分は入社3~4年目くらいの若い社員らしく、JVの所長に挨拶している。その所長は見たこともない、会ったこともない人で、会社名は大手サブコンだ。

そうかと思うと、前職のサブコンの会社の部下だった人間が出てくることもある。顔は、目の前にあるのだが、具体的な状況や行動は覚えていない。ただ、その人間の顔だけ覚えている。

夢のことなので脈絡は無く、意味がチンプンカンプンで、とにかくボヤっとしていて、状況は定かではないが、人の顔だけは鮮明に覚えているから不思議だ。

大学卒業から、その中堅のサブコンに入社以来、その会社で定年まで現場一筋で働いてきた自分にとって、やはり現場の景色や知り合った人たちと言うのは、強烈に潜在意識の奥底に眠っているのだなとつくづく思う。

サラリーマンを辞め、一人で会社を始め、長年の経験を活かしてとは言っても、初めて起業し自分だけの力でお客さんを集め、飯を食っていかなければならない、という状況に身を置いて、この事業を進めてきた。
この想いは自分でも並々ならぬ覚悟と準備と思い入れがあった。

なのに、いつも見る夢は前職の現場の夢。今の思い入れのあるこの仕事の夢はまだ、一度も見ていない。なぜかな?と思う。

やはり、長年の積もり積もった人生の重みの中での経験、潜在意識は、ちょっとやそっとでは消えては無くならないのかなと思う。

「今のこの仕事の夢はいつ見るのかな?」と思うが、これから、いろいろなお客さんと出会い、そのお客さんの笑顔をたくさん見て、自分自身失敗を繰り返して成長していくうちに、自然と見るようになるのかも知れない。

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

建設業界における働き方改革は進んでいるのか?

2020年3月19日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
仕事を辞めたい理由の一つが労働時間 新入社員で入って3年以内で会社を辞める人が全体の3割いるという話は、どの業界でも定説になっています。厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況」に …
お役立ちコラム

職人さんに動いてもらうには サブコン新人現場監督の3つの心得

2022年3月8日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
現場で「職人さんが指示をしても動いてくれない」「上司からの指示を職人さんに伝えるが、うまく聞いてもらえない」「新人ということで舐められる」な …
お役立ちコラム

若手の育成は個と向き合うことから

2020年4月4日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
企業研修制度は画一的 企業における社員研修は、スタートラインに立った新入社員が新人研修を受けたり、2、3年目の若手社員の技術的なスキルを習得するための研修など、これはこれで必要な …