お役立ちコラム

消防法・建築基準法のドッキング講座

建築設備の若手社員研修のなかで、重要なポイントしてクライアントの担当の方からご要望があるのが、消防法規と建築基準法に関する内容です。
私自身の学び直しも含めて、何かいい書籍がないかと探して見つけたのが、この
「消防・建築法規のドッキング講座」です。

建物が完成するとまず消防検査があり、その後に建築主事の検査を受検し、合格であれば
検査済証が下り、建物を使用してよいということになります。
建築設備に関わる法律として、大きくこの消防法と建築基準法の2つがありますが、私の印象として、ある問題が発生したとき、この内容はどちらの法律だったかと迷い、両方の資料を探す、ということも多くあります。独立しているこの2つの法律をドッキングさせ、
分かりやすく解説しているこの書籍について、ご紹介したいと思います。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

延焼のおそれのある部分

延焼の恐れのある部分というのは、建築基準法に定義があり、消防法でもそれを引用している。しかし、なにも法律で定めたところだけが延焼のおそれがあって、それ以外の部分は全く延焼のおそれがないかといえば、決してそんなわけではない。

と著者が言っているように、法律というものはあいまいな表現やまわりくどい言い回しが
多く見られます。
この延焼のおそれのある部分というのが、建築基準法第2条第六号に記載があります。
引用「隣地境界線、道路中心線、建築物相互の外壁間の中心線から、1階にあっては3m以下、2階以上にあっては5m以下の距離にある建築物の部分をいう。」
ここで、3mと5mの根拠についてこの本では解説があります。
この本では、実験によって「延焼限界曲線」というものが考えられ、その内側にある部分は、延焼のおそれがあると判断された、とあります。また、参考図として延焼のおそれのある考え方を分かりやすい断面図で表記してあるため、その根拠が理解しやすいです。
それに加えて、読者が法律についてツッコミを入れたくなるようなことに、読者を代弁して語ってくれているので、読み物としても面白い内容になっています。
この延焼のおそれのある部分に給排気ダクトのベントキャップが設置される場合は、FD付になっているかの確認が必要です。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

防火区画

設備のダクト、給水管、排水管等が防火区画を貫通する場合の建築基準法の考え方が詳しく記載されています。

防火区画を貫通する場合、鋼管等の不燃材料製のパイプであれば安全であるが、問題はビニールパイプなどで十分な肉厚のないものや径の大きなものは防火的に危険である。そのため、建設省告示(建設省告示第1422号「準耐火構造の防火区画等を貫通する給水管、配線管その他の管の外径を定める件」)では、一定の太さ以下の準不燃材料、難燃材料、又は硬質塩化ビニル製のものに限り、その使用を認めている。

塩ビ配管でいくつ径以下の配管だったら、法的な決まりの防火区画貫通処理をしなくてよいかといったことが、現場で判断が迷うところですが、その情報も丁寧に記載されています。

参考:建設省告示「準耐火構造の防火区画を貫通する給水管、配電管その他の外径を定める件」
https://www.mlit.go.jp/notice/noticedata/pdf/201703/00006477.pdf

排煙設備

排煙設備についての規定は、消防法にも建築基準法にもあるので、果たして「消防用設備等」であるのか、「建築設備」であるのか、とこの本でも疑問視しています。私は建築基準法上で定められているのでは、と認識していましたが、消防法上ではどのような位置づけなのでしょうか。
引用 消防法第17条では、「消火活動上必要な施設」とされており、その種類として、消防法施行例第7条第6項に「消火活動上必要な施設は、排煙設備、連結散水設備、連結送水管、非常コンセント設備及び無線通信補助設備とする」
とあり、消火活動上必要な施設との位置付けということは、排煙を事前に行うことで消火活動がしやすくなるということなのでしょうか。

まとめ

この本では、消防法と建築基準法の違いや、法令の読み方、また消防の観点から建築基準法をメインに解説してあり、一般の技術書にはあまり見ない、分かりやすい文章(私見も含め、ユーモアを交えた)で構成されています。
とても読みやすく、改めて知識の深堀りができ、建築設備の研修教本として役立っています。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

建築設備の新入社員研修をKJ法でやってみた

2022年12月28日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
あるクライアントのサブコン様の新入社員研修は今年で2年目ですが、昨年と同様に今年も月に一度、現場報告会というものを行っています。 新入社員たちが5月頃にそれぞれの現場に配属されて …
お役立ちコラム

建設業界における働き方改革は進んでいるのか?

2020年3月19日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
仕事を辞めたい理由の一つが労働時間 新入社員で入って3年以内で会社を辞める人が全体の3割いるという話は、どの業界でも定説になっています。厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況」に …