お役立ちコラム

建築設備のことをchatGPTに聞いてみたら

chatGPTについては、みなさん周知の通りで、今さら説明は必要ないとは思いますが、これを実際に自分の専門分野や仕事で使ってみた、という人はどのくらいいるでしょうか。
建築設備の新築現場や改修工事で、施工管理をしている現場代理人や現場担当者の方は、
その道の専門家なので、自分の知りたいことは社内で共有するか、業界の情報で事足りるし、chatGPTが、「どの程度、こちらの質問や分からないことに答えてくれるの?」といった感じで、わざわざ聞かなくても大丈夫という人が多いのではないでしょうか。
しかし、我々の建築設備業界の抱えている問題や技術的なことなど、実際に聞いてみたら
どんな答えが返ってくるのか、興味がありませんか?
今回、建築設備に関する質問を何個かして見ました。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

建築設備の現場施工管理において、働き甲斐を見出すためには?

以下、chatGPTの回答

1.目標設定と共有:明確な目標を設定し、現場メンバー全員で共有することで、作業に取り組む意欲を高めることができます。 目標達成に向けた行動計画を立てる、進捗状況を共有することも重要です。
2.自己実現の機会を与える:現場メンバーのスキルや経験を活かし、自己実現の機会を与えることで、やりがいや達成感を感じることができます。業務の多様性を考慮し、担当分野を適切に配置することが重要です。
3.チームワークの醸成:現場メンバー同士が協力し合い、チームワークを醸成することで、作業効率が向上し、ストレスの軽減につながります。コミュニケーションを促進するため、ミーティングや定期的な報告会を実施することも効果的です。
4.正当な評価とフィードバック:業務の適性や成果に応じた適切な評価とフィードバックを行うことで、現場メンバーのやる気を維持することができます。評価基準を明確にし、フィードバックを行うことで、改善点や成長の機会を提供することも大切です。
5.安全・衛生管理の徹底:現場メンバーの安全と健康を守るため、安全・衛生管理の徹底が必要です。安全・衛生マニュアルの策定や研修の実施、危険箇所の明示など、必要な措置を遵守することが重要です。
以上のような働き方を実践することで、現場メンバーがやりがいを感じながら、安全かつ効率的に業務を処理することができます。 また、現場メンバーの意見や要望を積極的に取り入れ、改善につなぐことも大切です。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

chatGPTの回答について

今回は5つの項目を上げてきましたが、例えば10個上げてほしい、と言えば10個の項目の回答を出してくれます。また、回答の中の項目で気になるキーワードが出てきたら、それをまた質問して、掘り下げることも使い方の一つです。
「建築設備の現場施工管理において、働き甲斐を見出すための方法は?」という、回答がはっきりとしているものではなく、どちらかというと抽象的な質問に対しても、それなりのまっとうな回答が返ってきています。技術的な内容、例えば「給水管の管種は?」という疑問に対しては、Googleでも事足ります。chatGPTのいいところは、今回の質問のような、抽象的、あるいは答えがないような、または個人個人、その会社ごとで回答が違う最大公約数的な解を提示してくれる感覚です。
その、ある程度一般的ではあるけど的を射た、確かにそうだよなと言える回答から人間である我々が、そこからヒントを得ていろいろ考え、自分なりの回答を導き出す手段として
使うものなのかな、と考えています。

自分の考えとchatGPTの回答を比較してみる

この質問の回答で私が一番納得したのは、4.正当な評価とフィードバックです。
現場で若い社員が働き甲斐を感じて仕事に取り組むために必要なのは、やはり上司の部下に対する、部下を育てようと思う気持ちなのではと思います。指示をしたらしっぱなし、作業が終わった時点で、期待していない結果だったらむやみに怒る、ということでは部下は育ちません。指示した後に定期的に進捗状況を確認し、出来ていなければ、出来ていない理由を聞き、その対策を一緒に考え、フィードバックする、というサイクルを回すということが必要です。
この「正当な評価とフィードバック」については私なりの考えですが、chatGPTにさらに質問したら、違った回答が出てくるかも知れません。chatGPTとの会話というか、やり取りを一つのテーマで掘り下げていくのも、この対話型AIの面白いところだと思います。

まとめ

我々の業界である建築設備の分野でも、chatGPTはいろいろな使い方ができそうです。新しい技術の開発、未来に向けての建築設備のあり方など、質問自体を考えるというのも、
発想の転換で面白いかも知れません。
この他に私がchatGPTに質問したこととして、
・配管をしないで、空調する方法は?
・1級管工事施工管理技士の資格取得のために、社員がモチベーションを上げるためには?
・協力会社のマネジメント方法は?
どれも、参考になる回答が得られました。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

アシストスーツは建設現場でも活躍が期待

2021年3月7日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
アシストスーツとは? アシストスーツは、重量物を上げ下ろしする際、腰に負担をかけないように補助する装置です。昔、漫画「巨人の星」で星飛雄馬が大リーグボール養成ギプスを星一徹に付け …