お役立ちコラム

ドレンレスエアコンの実現は夢なのか?

ある空調機メーカー様からご依頼をいただき、先日リモートでの研修を実施しました。
丸一日の研修でしたが、メーカー様の今後の販路開拓に伴い建築設備業界の裏事情や施工者としての経験からの話で、受講者のみなさんには興味深く聞いていただき、実のある
研修になったのではないかと感じています。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

建築設備施工管理の経験が思わぬところで役に立った

大学卒業後、あるサブコンで35年以上も現場の施工管理に携わり、いわゆる現場畑、技術畑一筋的な仕事をやってきた私。その建設業界のある一部分の空気調和、給排水設備の分野でしかも施工管理だけをやってきた訳で、それ以外の世界のことはほとんど知らぬまま過ごしてきました。
あることがきかっけで会社を辞め、今の会社を始めましたが、メインの仕事としてはサブコン様の若手社員の現場での教育サポートや新入社員の研修、あるいは資格試験の受験対策としての研修などを行っています。
ところが、ホームページにコラムを継続して投稿しているうちに、予期せぬ会社様や団体の方からお問い合わせをいただくようになりました。これはうれしい誤算と申しますか、
とてもありがたいことだと感じています。
今回も空調機メーカー様から仲介会社様経由でお問い合わせをいただき、研修の運びとなり、新しいご縁に感謝しています。
これも長年、建築設備業界に身を置き、現場で苦労しながらも施工管理に身を投じてきた
結果、その経験が人の役に立つことが分かり、第二の道を模索した甲斐があったと思います。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

施工者からメーカーに望むこと

この研修で空調機メーカー様に伝えたいこととして、施工者としての施工性の良さが上げられます。一般的にメーカーが機械を作るとき、最初に考えるのはその機械の能力や性能
いわゆるスペックだと思います。車の場合は、何馬力で4輪駆動でハンドルの操作性など
といった機能、性能とお客さんがその車に乗ったときの居住性や形がかっこいいという外観などで、エンドユーザーが満足する要素をすべて考えます。
一方、建築物に設置される設備機器はエンドユーザーが快適に過ごせたり、使ったりできることは当然考慮されているのですが、その途中段階で施工する過程も十分検討されているのかどうかということがメーカーの方に問いたいところです。
例えば、空調機の大きさがもっとコンパクトにならないか、壁掛けエアコンの冷媒配管の取り出しが左右どちらでもできないか、もっと小さいドレンアップメカはできないか、
マンションのエアコンの保証書を納品時にそれぞれのエアコンに同梱しないで、竣工時に
まとめて現場に送れないかなどなど、施工者がもっと改良できないかと思っていることは結構たくさんあるはずです。それらの施工者の声をもっとヒアリングして、施工性のよい
機械を設計の段階で考えるということに取り組んでいただけたら、施工者も効率が上がり
そのことでそのメーカーの機械を採用したいということになるのではと思うのです。

余談としてのドレンレスエアコン

前出の、施工者がメーカーに望むことの流れで、「こんなのあったらいいな」とずっと前から考えているのが、ドレンレスエアコンです。これは設備業界に身を置く人なら誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
つまり、ドレン水が出ない、ドレン配管がいっさい必要ないエアコンのことです。小さい部屋の単体で設置するタイプのエアコンであれば、ドレンレスはありますが、通常の冷媒配管で室外機と室内機を連絡するエアコンは未だにドレンレスは開発されていません。
もし建物の中でドレン配管を延々と伸ばすことが無くなったら、その材料費と施工費の削減で大きなコストダウンが実現するのですが。
今の日本の技術力(他国でも)を持ってすれば、できそうな気がするし、誰かどこかで開発していないのでしょうか?これが実現すれば画期的な発明で建築業界での革命だと思うのですが。

まとめ

空調機メーカー様の研修で、普段考えないことを新たに考えることができ、とても新鮮な気持ちになりました。建築設備の業界においても、エンドユーザーの視点、建物を設計する人の視点、施工する人の視点、機械や材料を製造、納品する人の視点、それぞれの視点があり、それぞれの立場のことを考え、自分の仕事を改善していくということがステークホルダーとしてのお互いの役割だと感じました。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

社内研修の効果が上がらない2つの理由

2020年9月17日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
研修の効果はどうやって測定する? 新入社員研修、3年目研修、中堅社員研修、課長職研修、幹部社員研修と階層ごとの社内研修は企業内で盛んに行われています。 しかし、一定期間の社内研 …