お役立ちコラム

衛生設備の施工図作図で注意したい3つのポイント

衛生設備の施工図を書く上で、注意したいポイントを3つ紹介したいと思います。
前回は空調設備の作図ポイントをお話しましたが、今回は衛生設備のポイントを上げてみたいと思います。
ピット階など梁の構造制限に関わる貫通位置には注意が必要です。

» 優秀な人材が育つ!定着する!売上が増える!『サブコン専門 人材育成支援サービス』とは? «

ピット配管は基礎梁の構造制限を確認する

ピット階を通る設備では、主に衛生配管がメインですね。汚水、雑排水、給水、給湯、ガス、消火のそれぞれの配管が縦横無尽に網の目のように行き交っています。
上階の1階に大きなトイレや厨房があったりすると、下階のピットは余計に複雑になります。
そのような配管が多くあるピット階で注意が必要なのが、基礎梁スリーブ貫通の構造制限です。柱面から梁の高さ分は離す、小梁と直交する大梁の貫通は小梁からいくつ離す、大梁の上端、下端は梁の高さの1/3以上確保する、600φの人通口とスリーブの離隔は
いくつ以上など、諸条件の確認が必要です。
「ピット階のスリーブ図を急ぎで書いてほしい」と工事の取っかかりでゼネコンから要求が入ることがよくありますが、その知識がない人があわてて地中梁やピット階の梁貫通スリーブ図を書くと、全部やり直しとなることもあるので、構造制限は必ず構造図を確認してください。
その制限をすべて守ると、梁貫通できない箇所も出てきます。その場合、ゼネコンか設計事務所に問い合わせし、緩和策を講じてもらうなどの処置を依頼しましょう。

首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ|優秀な人材が育って定着し、売上・利益が増えるサブコン経営のヒント 「人材さえいればもっと売上・利益を伸ばせるのに… 優秀な人材を十分多く確保してもっと売上・利益を伸ばしたい…」 とお考えの首都圏...

マンホール、人通口は人が通れるように

これもピット階の内容ですが、作図経験の少ない人がミスしやすいことの一つに、ピット階に降りるマンホールの真下に配管を通してしまったり、人通口の真ん前を配管が横切った作図をしてしまうことが見受けられます。
建築のマンホールや人通口がプロットされているにも関わらず、つい見逃してしまって、
そこの付近を通してしまう。これらも、現場を経験すれば身につく知識ですが、経験が無ければ作図前にチェックポイントとして若手社員に指示をしてあげましょう。

排水継手は配管用途を考慮して

T-fasなどの機械設備専用CADソフトでは、配管用途から継手の種類を選べるようになっています。VPの排水管の継手ではDVが選択肢として出てきますが、ポンプアップなどの圧送管についてDVは不可のため使えません。ところがT-fasの排水継手では圧送管のためのTS継手は出てこないため、あえて給水管で選択しないと継手が作図できないようになっています。この場合、排水配管だけど圧送管だからDV継手は不可、TS継手に変更するという知識がないと、そのままDV継手で作図してしまうことになります。
配管継手は配管用途、管種などをよく確認、理解した上で作図することが必要です。

まとめ

今回は衛生設備の施工図の注意ポイントを3つご紹介しました。どれも当たり前の内容ですが、実際作図する人が理解しているかは、事前に確認が必要です。経験の浅い社員の方や外注に作図委託する場合など、簡単なチェックリストや注意事項メモを作って渡してあげるのもいいかも知れないですね。

「残業が多い」「現場や育成担当の負担が大きい」「社員が辞めてしまう」人材不足でお悩みの首都圏・関東周辺のサブコン社長・経営幹部の方へ 優秀な人材が育つ! 社員がイキイキとして定着する! 売上・利益が増える! 「サブコン専門 人材育成支援サービス」 研修・現場支援・コーチング

建築設備現場で働く
社員に笑顔を

社員がメキメキと成長し、的確に判断して主体的に動けるようになり、残業や遅延なく業務を遂行できる。

現場も社内もやる気と活気に満ちて、楽しくイキイキと働きながら、無理なく売上・利益が増えていく。

そのような会社を目指されている、サブコン社長・経営幹部の方は他にいらっしゃいませんか?

株式会社シエンワークスでは、
『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を通じて、人材の育成・成長、離職率の低減、売上・利益の向上を支援しています。人材開発支援助成金が活用できます。)

首都圏・関東周辺のサブコン様を対象に、出張&初回無料相談を承っております。

以下より、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら
ABOUT ME
宮本 一英
株式会社シエンワークス 代表取締役

首都圏・関東周辺を対象に『サブコン専門 人材育成支援サービス』(研修・現場教育支援・コーチング)を提供しております。大学卒業後、35年間中堅サブコンにおいて現場管理一筋で培った経験を活かし、サブコン様における「人材の育成・成長」「離職率の低減」「売上・利益の向上」を支援しています。

【資格】建築設備士/1級管工事施工管理技士/消防設備士(甲種1類)/空衛学会設備士(空調・衛生)/給水装置工事主任技術者/コーチング資格(GCS認定コーチ)

関連する記事
お役立ちコラム

施工管理 中堅社員教育で重要な3つの視点

2022年1月16日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
若手の現場施工管理の社員が3年持たずに辞めてしまう。新人研修をして、現場配属したが現場に馴染めず、長続きしない。このように、施工管理社員の離職にお悩みの管理職の方は多いのではないで …
お役立ちコラム

建築/設備トラブル「マサカ」の話

2020年7月26日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
建築あるいは建築設備に関する本、現場での部下の教育や組織マネジメントに関する本などを紹介するコーナーです。 今日のブックレビューは、 「建築/設備トラブル「マサカ」の話」   …
お役立ちコラム

出張ばかりだった現場監督サラリーマン時代

2020年6月12日
建築設備・施工管理(サブコン)の人材育成ならシエンワークス
中堅のサブコンで38年間現場に携わってきた。 一時期改修工事の管理職時代があった以外はほとんどが地方での大型役所工事の現場責任者として、作業服とともに仕事をしてきた。 とい …