お役立ちコラム

脱炭素は工事現場にも求められている

大手ゼネコンの現場でCO2削減の評価

12/12付の日経新聞に掲載されていた記事で、

大手ゼネコンT建設は建設現場で発生する二酸化炭素(CO2)を削減する取組みを点数化し、評価する仕組みを導入した。燃費の良い重機の活用など、削減効果が見込める手法に高い点数を割り振る。工事の際のCO2の排出量を30年度までに1990年度比で62%減らす目標を掲げている。脱炭素への関心が高まるなか、環境配慮の姿勢が工事の受注や資金調達などにも影響するとみて対策を急ぐ

「脱炭素」は最近、新聞でもよく見かける言葉ですね。「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と政府が発表しています。ガソリン自動車が姿を消し、電気自動車が100%になるのも時間の問題です。そんななか、建設現場でもCO2の排出は工場よりは少ないと思いますが、重機や発電機などが発生源として考えられます。

脱炭素は現場でも意識する

現場での脱炭素の取り組みとして、仮設事務所での消費電力の少ないLED照明の使用や、低燃費の重機を使用するなどが考えられます。また、産業廃棄物の排出量を減らすことも、間接的ではありますが効果が期待できそうです。
現場事務所の電気使用量もバカにできないのではないでしょうか。工期が長い現場であれば、それだけ電気も使います。忙しくなってくると毎晩遅くまで事務所での残業がかさみ
人も精神的、体力的に消耗するし、電気も消費することでいいことはありませんね。
仕事を効率的に進めるのは、環境にも優しい取り組みと言えます。

まとめ

脱炭素に向けて全産業がそれぞれの持ち場で、二酸化炭素の排出をゼロにする目標で取り組むことは重要であり、ひとり一人が意識をもつ必要があります。建設業でも我々が今できることを考えて、工事の過程のなかでどんなものが、どんなことが低炭素になるのかを
細かく分けて分析することも、それがひいては工事の効率化につながるのではないでしょうか。

 

管理職の若手社員教育の負担を軽減する

「現場力サポート 24」

 

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

建築設備 新入社員研修 第4日振り返り

2023年8月23日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
今年度の集合研修としての新入社員研修全5日も、残すところあと1日となりました。毎年、そして毎回講師としての学びがあり、その都度次回はもっとよりよい研修にしようと 回ごとに振り返り …
お役立ちコラム

若手の育成は個と向き合うことから

2020年4月4日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
企業研修制度は画一的 企業における社員研修は、スタートラインに立った新入社員が新人研修を受けたり、2、3年目の若手社員の技術的なスキルを習得するための研修など、これはこれで必要な …
お役立ちコラム

建設業2024年問題、若手社員の意識調査からサブコンが取り組むべきこと

2023年12月23日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
「建設業界で働く若手社員の意識調査」という興味深い資料を見つけたので、今回はこちら をテーマに考えてみました。 建設業界に特化した人 …