お役立ちコラム

談合は善か?悪か?

建築あるいは建築設備に関する本、現場での部下の教育や人材育成に関する本などを紹介するコーナーです。
今日のブックレビューは、
「鉄の骨」 池井戸 潤著 です。

談合の実態を分かりやすく暴いた企業小説

「鉄の骨」...本の題名に象徴されるように、建設業界の裏側を題材にした社会派企業小説です。その世界に身を置く者が読んでも、「なるほどそういうことなのね」と深く納得できる部分もあり、さすが現在トップクラスの売れ行きの作家だなと感心できる内容です。
著者の作品は他にも何冊か読みましたが、その中でもグイグイ引き込まれる臨場感があって、お気に入りの1冊です。
建設業界の裏側と言えば談合ですが、それを業界の中で生きていくために必要な善なのか、
社会的な悪なのかは、小説の中では答えがありません。読者が業界の人間かその他の人かに
よっても捉え方は違うでしょうが、読む人に答えあるいは考え方をゆだねているように思えます。

使命感に燃える男たち

談合の是非について、このレビューで言及するのはあまり意味がないように思うので、建設業界に身を置く者として、ちょっと違った視点からこの本の魅力を見ていきたいと思います。
中堅ゼネコン「一松組」の入社3年目の富島平太。マンション建設現場の若手現場監督として日々汗を流していましたが、突然業務課への移動が決まります。つまり談合課と呼ばれる部署。平太の日常業務が一変します。平太の直属の上司の西田。課長の兼松、そして常務の尾形。彼ら談合課が他のゼネコンとの駆け引き、業者への容赦のないコストダウン要求、
さらに新工法を武器に入札で勝利を勝ち取ろうとする執念みたいなものを感じます。
同じ建設業界にいながら、現場で工期を守り建物を完成させていくのとは、また違った意味での緊迫感があります。なぜ、談合課の連中はそこまでの使命感を持って仕事に立ち向かえるのか。プロフェッショナルの側面を本で学ぶことができたように思います。

部下の教育は上司の仕事への姿勢で

人材育成を手掛けている私にとって、部下の教育やマネジメントについていつも考えるところがありますが、この本に登場する若い主人公、平太の上司たちは部下を育てようという意識はあまり無いようです。ところが、上司である彼らの仕事に向かうひたむきな姿勢や、何としてでも仕事を受注しようとするモウレツな執念が、いつしか部下の平太の心を動かしていきます。下手な教育より、実際の仕事を通しての上司の真剣さが部下に伝わり、自発的に部下が自分で考え成長するということが、実は人材育成における一つの本質なのかなとも感じました。
本には作者が伝えたいテーマというものはあるでしょう。しかし、それ以外にも読み手にとって感じる部分が、人それぞれ違っていいと思います。私の場合は、たまたま建設業界の人間だったから、談合に興味があり手に取ってみた。読んだら、部下の教育の視点から上司たちの仕事への取り組み方、姿勢が部下に与える影響を学んだ。というように、いろいろな読み方があります。
あなたは、どんな視点でこの本をお読みになりますか?

ABOUT ME
宮本 一英
シエンワークス代表 ★サブコン社員が楽しく活き活きと働ける環境を作りたい!★★ 【資格】 ・建築設備士 ・1級管工事施工管理技士 ・消防設備士(甲種1類) ・空衛学会設備士(空調・衛生) 東京都出身/55歳にして自我に目覚める/筋トレ/ピアノ/人間観察/瞑想/お笑い
RELATED POST
お役立ちコラム

新米現場代理人のフォローはどこまでやればいいか?

2021年3月6日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
はじめての現場代理人 私が新卒で会社に入り、はじめて一人で現場を任されたのは4年目のときだったと記憶しています。とある自衛隊駐屯地の敷地の …
お役立ちコラム

建設DX 建築設備に取り入れるなら

2022年1月8日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
建設DXの現状 過去のコラムで、建設DXの事例集が紹介された書籍の紹介をしました。 こちらをご参照ください →  建築関連 本の紹介 「建設DX」 このコラムでは、建 …
お役立ちコラム

今さら聞けない ロスナイの仕組み

2022年7月1日
建築設備現場で働く人材のレベル向上はシエンワークスの人材育成支援サービス
現場で部下の新入社員に、機械や材料の構造や仕組みについて聞かれたとき、つい言葉に詰まってしまい、明確な回答ができなかったことってありませんか?例えば、エアコンやロスナイ(全熱交換器 …