#09 現場スタッフの残業を大幅に削減する「現場支援部署」の組織としての強化

現在、弊社でお手伝いさせていただいているクライアントのサブコン様の中でも、現場業務の分担を考慮し、新たに「現場支援部」という部署を立ち上げておられる会社様も数社いらっしゃいます。

組織名称や分担内容は会社ごとに違いはありますが、現場支援部署の主たる目的は、現場スタッフの負担を軽減し、コア業務(各種管理業務のうち重要な業務)へ集中することで、より多くの客先からの信頼を得、会社の発展に寄与することにあります。

現場支援部署の役割

現場支援部署の役割は会社によって多少の違いはありますが、現場スタッフの負担の軽減が大きな目的であることは変わりがないので、現場スタッフの業務について、何をどのように分担するかがポイントです。

新築工事の場合は、計画段階での施工図作成、施工計画書、施工要領書、各種諸官庁届出書類、工事が始まった段階での安全書類、工事写真撮影、写真管理、品質管理の書類整理、変更に関する見積書作成、予算管理に関する補助作業、出面管理表まとめなどがあります。

また、改修工事や営繕工事の場合、既存設備の現調作業に伴う実測、アイソメ図作成、既存図からの改修設計図起こし、及び施工図作成と新築工事同様の施工中の管理上の書類作成などが考えられます。

これらの業務の多くが、日々の現場スタッフの残業時間数を押し上げているのは周知の通りです。これらのうち、いかに多くの業務を現場支援部署に分担し、組織としての効率化を目指すのかが支援部署の役割です。

現場支援部署のサポート体制の課題

1)支援部スタッフの知識不足の強化

現場支援部署を立ち上げたけれど、支援部スタッフが事務系の社員であったり、経験の浅い若手社員や中途入社で未経験者を新たに配属しているというケースも見受けます。

現場支援部署の成り立ちが、現場スタッフの仕事のうち、知識と経験の浅い社員が担当できる仕事をできるだけ分担して、現場スタッフの負担を軽減しようというところから始まっていることから、スタート時点ではスタッフの知識不足はやむを得ない状況と言えます。現場支援部署の課題として、ひとつは支援部スタッフの知識と支援業務の習得が課題です。

2)現場と支援部との連携の強化

もう一つの課題として、現場スタッフの意識の問題があります。

例えば、改修工事において今まで一人で現場を切り盛りしていた経験豊富なベテラン社員がいたとします。この人は自分ひとりでできていた作業を別の人に依頼することがかえって億劫で、依頼することと返ってきた書類をチェックすることが面倒で、自分でやった方が早いという意識があるからです。

また、依頼する仕事が少ない状況の場合、支援部スタッフが手待ちになるケースもあります。現場支援部署が現場スタッフの負担を軽減する目的で発足しているという主旨を、現場スタッフの方が理解し、技術部全体の効率を考え、その制度を組み入れていくという意識を技術部員全員で共有することが求められます。

現場⇔支援部署間での組織一体化の未来

前出した現場支援部の課題をクリアにしながら、この制度を組織として構築していくことが、各社様の今後の課題です。

そのために、現場と現場支援部署との連携を図り、現場支援部スタッフの主体性を育む教育が必要です。教育をすると同時に支援部スタッフとして現場の施工管理サポートの書類作成や現場での補助作業を実務として経験し、施工管理の仕事を覚え、ゆくゆくは現場施工管理者として現場を任せられる人材に育つことが期待できます。
支援部スタッフのレベルアップが、現場スタッフとの連携を強化させ、制度としての組織の一体化につながっていきます。

シエンワークスの支援について

弊社、シエンワークスでは支援部スタッフの方の指導、教育のお手伝いを行っています。

スタッフの方が事務系であったり、現場経験が浅い(現場に一度は出たが、現場業務が不向きで内勤の業務をしている)、あるいはまったくの未経験で中途入社の方など、これから現場の施工管理のサポートという仕事を知り、新しい仕事にチェレンジしようという方を指導いたします。

建築現場の設備の施工管理とはどういう仕事か、お客様はどういう人でその人たちに自分の会社はどういう設備を提供しているのか、その仕事の中でどういう書類を作成するのか、その書類は全体の仕事の中でどういう役割があるのか、自分たちはその仕事でどのように貢献しているのか、といった根本的な目的のところからお伝えし、それから技術的な内容に入っていきます。

弊社の支援により、一人でも多くの現場支援スタッフが育ち、現場スタッフの業務負担が減って残業時間が減り、コア業務に集中できることで、会社様の発展に寄与できることを願っております。

今のあなたの会社の社員は元気がありますか?笑顔がありますか?社員の教育・指導・育成をアウトソーシングするなら、
シエンワークスにお任せください。

現在、建築設備施工管理会社さまの人材の教育・指導・育成、定着、離職率低減等に関する初回無料相談を承っております。

ご希望に応じて、電話、メールでお話をお伺いするか、あるいは、貴社または現場に訪問のうえ対面でお話をお伺いさせていただきます。

お電話またはメールフォームよりお申し込みください。

サブコン専門 人材育成支援サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ、お申し込み、初回無料相談はこちら

042-398-0203

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら